一大決心で心機一転。仕事も住むところも変え、新しい環境での日々の出来事や想いをゆっくり綴ってます


by momocchicafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

29歳

29歳の頃
何をして、何を考えていましたか?


私は29歳のちょうどその時に「人生29歳変動説」というコラムを読みました。
自分の立っている場所を確認できたような気がしています。
嬉しいような、ピンと背筋が伸びるような、「転機」を迎えている自分に
いろんな意味でドキドキしました。

今日、ゴスペルを楽しく歌って帰ってきて、
ふと「人生29歳変動説」を思い出して、
書かずにいられませんでした。
今、楽しいって思えるのは「あの時」があったから。

出逢いに感謝
これからもすてきな出逢いがありますように***


私は10年間、編集者をやってきて、数多くの文化人、名士、タレントさん、学者さんなどなどに、取材という名目で会ってきた。で、その経験を通して、とても不思議に思うことがあったのだ、それを私は「人生29歳変動説」と呼んでいる。

いろんな人の話を聞くと、かなりの確率で……というか、びっくりするような確率で、29歳で人生の転機を迎える人が多いのである。29歳には何かある、とつねづね思ってきた。そういえば、ブッダが出家したのだって29歳だった。

この29歳の転機というのは、その人の天職というものと非常に深く関わっている。29歳で、自分の価値観や、携わっている行為に対して疑問を持ち、そして疑問を解決すべく行動した人はその後、32歳の時に別の転機と遭遇するのだ。

で、この32歳の時の転機が、自分の天職を決めていく。その後、35歳、38歳と順調に自分の人生の意味を見いだし、42歳前後で迷いが出る。

この40歳代の迷いというのは、身体の変調という形で表出したり、もしくは女性に恋をしてしまう……というような形で現れたりするのだが、とにかく心と身体が動揺し、それを経験することによって、本当に自分が望んでいる生き方とはどんなものかを再確認し、それが完了すると50歳から「奉仕」というものを仕事の中心に据えて、生き始めるようなのである。

                         田口ランディ コラム「人生29歳変動説」より一部

[PR]
by momocchicafe | 2009-01-22 23:40 | Life