一大決心で心機一転。仕事も住むところも変え、新しい環境での日々の出来事や想いをゆっくり綴ってます


by momocchicafe
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:Book( 29 )

結婚のずっと前

人との出逢いも縁であれば、
本との出逢いも縁

先週、被災地へ
3日間のボランティア活動をさせていただく機会を得た
実際に目で見る光景に いろいろな想いがよぎった

宿泊先のフロントで手渡された地元の新聞
気持ちが揺れて眠れない長い夜に隅から隅まで読んだ
ふと目にとまった新刊の紹介
思わずすぐに携帯から注文
佐賀に戻ってきた時に贈り物のように届いた

ゆるしたことは忘れてしまうのに
ゆるせなかったことは
いつまでも心に残って 
時々刺さるように じくじくと痛む

ゆるそう

弱い相手も
弱い自分も


佐賀にきて出逢いの機会はたくさんあった
隣りに信頼できるパートナーがいてくれたらいいなといつも思ってた
けど、気持ちがついてこなかったり、言い訳をしたり
うまくいかないことに焦って、落ち込んでた
でも、実は心のどこかで逃げていたのかもしれない
向き合うことが怖かったし、まだ整理ができなかった
ひとつの区切りとしての4年 これでよかったんだと思う
ようやく じわじわとそう思えるようになってきた
時間はかかったけど、ずいぶん遠回りしたけど
元の場所には戻れなかったけど よかった・・・うん、よかった

これから もし
この人と一緒に幸せを築いていきたい、そう想える人と出逢えたら
その想いとその人を大切にしていきたい

被災地から教えてもらった“生きる”こと
当たり前のように思ってた“幸せ”に感謝すること
忘れたくないから

結婚のずっと前にー今 この本に出逢えたことに感謝

この冬に結婚する大切な友達へのプレゼント用にもう1冊注文^^
末永く幸せにね。の気持ちを込めて
大好きな人たちの幸せを心から願って***
f0194957_2234947.jpg

[PR]
by momocchicafe | 2011-10-07 23:12 | Book

本と花

今日は勉強会
講師の佐賀大学の先生には
本当にお忙しい中丁寧に資料を準備してくださり
今日の勉強会もとても分かりやすくて
勉強になった

お忙しい中参加してくださった皆さんと学びの時間を
共有できたことが嬉しかった

社会人になるとなかなか新しいことや価値観に触れる機会が少なくなる。
いろんなことを吸収できる柔らかな頭でなきゃ;

本がまたちょっとずつ増えてきてる(笑)
部屋に飾る花は心を癒してくれる*^^*
(カラーは造花だけど;)大好きなチューリップは生花*イキイキしてる
頭も心もキュキュっと磨きたい^^
f0194957_21161126.jpg

[PR]
by momocchicafe | 2011-01-25 21:25 | Book
英語が話せたらなぁ…そう思い続けて早何年…;

今日のカンブリア宮殿のゲストはベルリッツCEO 内永ゆか子さん
働く女性の憧れ

内永さん曰く、英語はコミュニケーションの"道具"

学生の頃の私はただただ全てを暗記して頭に詰め込んでた
間違ってるかも、と自信がなくてなかなか英語で話せなかった
そして今悲しいことに思ってること伝えたいことを全く英語で伝えられない

でも始めたい!と思った時が始め時
今日TSUTAYAで購入『1日6分英会話』

少しづつコツコツ
[PR]
by momocchicafe | 2010-11-04 22:33 | Book

7×5。鏡

芸術の秋*^^*

二週間で本を7冊、DVDを5本VV

DVDは『シャッターアイランド』『恋するベーカリー』『幸せのレシピ』『ソラニン』
中でも『ココ・アウ゛ァン・シャネル』が素敵だった。

本ではしばらく前に流行った『鏡の法則』(野口嘉則著)。
f0194957_23334716.jpg

なかなか読む機会がなかったけど、読んでよかった。
コーチングの要素が入ってるストーリーって知っていたけど、次の言葉が心に響いた。

現実に起こる出来事は、一つの「結果」です。
「結果」には必ず「原因」があり、その原因は、あなたの心の中にある。
あなたの人生の現実は、あなたの心を映し出した鏡。


そう。
自分の心が変われば、自分の態度や行動が変わる。
[PR]
by momocchicafe | 2010-10-18 19:06 | Book

シンクロニティ

ジュリア・ロバーツ主演の『食べて、祈って、恋をして』を観に映画館へ

スクリーンを観ながら不思議な感覚に

大切なことに気づいて以来、驚くほどシンクロしてる…いくつもの偶然が重なる

この映画はライターである主人公が全てを失ったところから出発して、イタリア、インド、バリで様々な経験と出逢いを通して大切な気付きを得る物語

主人公の自分自身への問いが今自分に重なる

『四本の足で立てば揺るがない、心の目で見ろ』
『傷を癒すのは、信頼』
『調和とは…』

もう一度観たい映画

スクリーンに登場する美味しそうなイタリアンの数々…帰りには友達三人で美味しいナポリピザ**
[PR]
by momocchicafe | 2010-09-23 21:36 | Book

ホッと

先週は友達とニュージーランドへ
とっても楽しくてあっという間だった
またゆっくり写真整理しなきゃ

今日は公開を待ってた『悪人』を観に映画館へ
ひと・ひと・ひと…すごい(☆o☆)

映画は哀しい物語だけど
大切な誰かを大切に想う
私もそうあれればいいな
[PR]
by momocchicafe | 2010-09-12 10:53 | Book

答え

人生に答えなんてない

あるのは前進する力だけだ

その力を生み出さなければならない

答えはあとからついてくる

-アントワーヌ・ド・サン・テグジュペリ

おっと(∋_∈;)
後ろ向きに前進しようとしてしまっていたコトに気付かせてくれた言葉

いろんなコトに答えを求めるのはやめよう
前進あるのみ(^-^)o


聞いたことは忘れる

見たことは覚える

経験したことはわかる

ー老子

すごい。必要な時に必要な言葉に出会えるもんだなぁ***
[PR]
by momocchicafe | 2010-06-16 22:13 | Book

本×本

最近読んだ本
f0194957_22234749.jpg
f0194957_22241355.jpg

あと2週間でまたひとつ年を重ねる。厄年だねぇ~とよく言われるけど(笑)
今年は転機を経て、今ここにいることの意味が見つかりそうな予感がして
実はすごくワクワクしてる*^^*
占いはいいとこだけ信じる方(笑)、このコラムの言葉は2年間ずっと心に残ってた。
人との出逢いも、本との出逢いも、いろんな出来事との出逢いも―偶然の必然
いろんな刺激を受けて“とっても大切なコト”をちょっとだけ見つけつつある^^

悲しい気持ちをちゃんと今受け止める
嬉しい気持ちを素直に表現する
シンプルになった分だけ人は成長できる
自分も相手も人として尊敬できるか、自立できてるか
その基準さえあれば、もう右往左往することない
みんなに好かれるより、おちてる時にわーっと騒げる仲間
さりげない心配りをしてくれる友達 そんな大切な人達がいてくれれば◎
ただただ感謝 ありがたいなぁと思う
そーんなに真剣に考えることなんて本当はあんまりないのかも
何も考えずふらーっとした人との関わりの方が笑えて楽

さ、自分へのサプライズプレゼント第2弾!^^(笑)
[PR]
by momocchicafe | 2010-04-14 22:29 | Book

悪人

ページをめくる手を止められなかった
一気に読み終え
泣いた。涙が止まらなかった
こんな本に出逢うのは久しぶりだった

f0194957_23313327.jpgf0194957_23314412.jpg












<あらすじ>
福岡市内に暮らす保険外交員の石橋佳乃が、携帯サイトで知り合った金髪の土木作業員に
殺害された。二人が本当に会いたかった相手は誰だったのか? 佐賀市内に双子の妹と暮ら
す馬込光代もまた、何もない平凡な生活から逃れるため、出会い系サイトへアクセスする。
そこで運命の相手と確信できる男に出会えた光代だったが、彼は殺人を犯していた。彼女は
自首しようとする男を止め、一緒にいたいと強く願う。光代を駆り立てるものは何か? その一
方で、被害者と加害者に向けられた悪意と戦う家族たちがいた。誰がいったい悪人なのか?
事件の果てに明かされる殺意の奥にあるものは?
毎日出版文化賞と大佛次郎賞受賞した著者の最高傑作、待望の文庫化。

日曜にふと書店で見つけ、昨日の夜何気なく読み始めた
結局下巻を読み終わったのは真夜中だった

福岡と佐賀
その方言や地名が身近なものに感じ
登場人物たちの中に入っていく感覚を覚えた

悪人というタイトルには著者の深い意図が隠されている
本当の悪人は誰なのか
人を愛するということはどういうことなのか
誰もがもつ心の闇や弱さ、寂しさ、ずるさ
それが重なり合って生まれた悲劇

本当の悪人は誰なんだろう・・・
心が壊れそうなくらいに切ない物語
でも、この本に出逢えてよかったという一冊
[PR]
by momocchicafe | 2010-03-09 23:47 | Book

私の中のあなた

金曜はうちシアター
f0194957_9401559.jpg

何のために生きるのか
生きている、ただそれだけで人は人を幸せにできる


涙が止まらない映画でした。
[PR]
by momocchicafe | 2010-02-28 09:04 | Book